地下水を汲み上げる|平板載荷試験による地盤調査|井戸掘り工事を依頼
作業員

平板載荷試験による地盤調査|井戸掘り工事を依頼

地下水を汲み上げる

井戸

水というのは、日々の生活の中で必要不可欠な存在です。日本は海に囲まれた国のため、豊富な地下水に恵まれています。そういった地下水を生活の中に取り入れる際には、さく井工事が必要になるのです。さく井工事というのは、さく井機械等を用いてさく孔やさく井を行なう工事のことを指します。建築・土木工事における用水路設備を造る際にも、さく井工事が行なわれるのです。さく井という言葉の意味に関しては、「井戸を掘ること」「試錐」「掘抜き井戸で特に深いもの」のことといった意味があります。つまりは、地下水を汲み上げるための井戸を掘る工事なのです。

井戸を掘る工事であるさく井工事では、様々な特殊機械を用いて穴を掘ります。例えば、ボーリングマシンです。ボーリングマシンというのはビットと呼ばれるドリルを備え付けた掘削機で、効率的に地面を掘ることができます。しかし、そういった特殊機械で地面に深い穴を空ける時には、緻密な計算が必要になるでしょう。もし、地下に大きな空洞があった場合には、ボーリングマシンで穴を空けたことによって一帯が沈下してしまう可能性があるのです。優良なさく井工事業者であれば、そういった調査も徹底して行なってくれるので安心して工事を任せることができるでしょう。また、ボーリングマシンによって採掘し、地下水のある場所まで直通すると、仮設ポンプを設置して水を汲み上げます。そして、その水質調査を行ない安全な水かどうかを判断してくれるのです。その結果によっては、水量回復調査を行ないます。その後、依頼者のニーズに適したポンプを設置し、さく井工事が完了します。