男性

平板載荷試験による地盤調査|井戸掘り工事を依頼

優良な地盤調査業者を選ぶ

工事現場

日本国内には数多くの地盤調査専門業者が存在しており、そういった業者に調査を依頼する時には無料相談・無料見積を行なっている業者を利用することをお勧めします。そうすることで、よりスムーズに調査を行なってもらうことができるでしょう。

もっと読む

地下水を汲み上げる

井戸

さく井工事というのは、ボーリングマシン等の特殊機械を用いて採掘作業を行ない、地下水を汲み上げるための工事です。もし、所有する畑等に水を引きたい時等には、さく井工事業者に相談してみることをお勧めします。

もっと読む

様々な工法について

メンズ

さく井工事業者の行なう井戸掘り工事には、様々な工法が存在します。それらの工法は掘る井戸の深さや、その土地の地質が硬いか柔らかいかによって決まります。深い井戸を掘りたいのであれば、ロータリ工法が最適でしょう。

もっと読む

地質を調べる

工事現場

日本に住む数多くの人の中には、所有している土地に建築物等を建てたいと考えている人がいるでしょう。それを行なう時には、事前に地盤調査を行なう必要があります。地盤調査というのは、その土地の地質を調べて、そこに建築物を建てられる環境かどうかについて検討し、液状化対策等を行なうための調査です。一概に地盤調査といっても、その方法は複数存在します。ここでは、その方法の一つである平板載荷試験について知って行きましょう。

平板載荷試験というのは、主に建築・土木に関わる土地の調査に利用される方法です。具体的には、荷重と沈下の関係を測る試験を行ない、その土地の地盤特性を直に調査することのできる方法とされています。その特徴から、信頼性の高い地盤調査方法と言われているのです。平板載荷試験を行なう時には、建築基準法や住宅品質確保促進に関する法律、公共工事品質確保促進に関する法律、宅地規制法等に則って調査を実施する必要があります。平板載荷試験の方法としては、構造物のある土地の調査を行なう場合、その構造物の種類・規模・基礎の大きさ、支持地盤の土層構成等の検討から開始します。そして、平板載荷試験を行なう最適な位置を選定するのです。試験に最適な位置が決まると、裁荷板を置く位置から1.5m以上の範囲を水平に整地します。また、整地する際には試験中に地盤状態が変化しないよう、養生することが大切です。作業員は、そこまで徹底した上で調査を開始します。もし、地盤調査が必要な場合には、調査・工事業者に電話して相談してみると良いでしょう。